井戸端サイエンス工房~今週のおやつ?~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

盛りだくさんの11月

今日は、井戸端サイエンス工房ではないお話を。

京都では、いま、エジプト展が開催されています。

『埃及考古-ペトリーと濱田が京大エジプト資料に託した夢-』
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0024.html
*ちなみに「埃及」でエジプトって読むらしい。

京大は知る人ぞ知る、貴重なエジプト資料の宝庫なのです。

毎週日曜日には、展示に関わった先生方が自ら解説に立たれているはずです。
なんて豪華。

お誘い合わせの上、お越し下さい。

公開講座もまだまだ参加を受け付けているそうですよ~
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/event/content0198.html
今がチャーンス!


11月後半からは、エジプト展に加えて、
『INCLUSIVE DESIGN NOW2011』も始まります。
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0025.html


みずまちでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/27(木) 23:41:36|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<図書館コラボ企画Part2 | ホーム | 秋の呑みながら講義>>

コメント

エジプト天!

文明の発祥地っていうイメージのエジプト。
肥沃な土を運んでくれるナイル。 商工のための運行手段としても都市文明をささえたことでしょう。
そのなかで当時の科学としての宗教も発達したんでしょうね。
済みきった夜空の星の運行。周期性に気づかせてくれたり とても大自然の象徴なのに人間の存在に深くかかわっているようにおもわれますよね。
大地にあるナイルに対して 天空にある天の川。
まるで大事なものをつなぎとめる役割の杭のように 天上に突き刺すようにみえるオリベスク、そしてピラミッド。
なにかいろいろ妄想が湧きだしてくるエジプト展です。
  1. 2011/10/28(金) 06:34:28 |
  2. URL |
  3. 空  西風 #-
  4. [ 編集]

 訂正です^^;

オベリスクですね。
  1. 2011/10/28(金) 06:40:29 |
  2. URL |
  3. 空  西風 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idobatasciencelab.blog99.fc2.com/tb.php/170-78f8759a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。