井戸端サイエンス工房~今週のおやつ?~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

科学の歴史のお話?

2月の終わりにものすごくあたたかくなった!
と思っていたら、最近、また少し寒くなっている京都です。

でも、ジンチョウゲが咲き始めているのを発見しました。
春は少しづつ近づいています。
(以前、植物の研究をしていた私としては、なんとなく落ち着かない季節です。)


さて、4月のサイエンスカフェの準備もこっそり進んでいる訳ですが、
3月の呑みながら講義のお知らせも始まっています。
____________
呑みながら講義 8限目

『近世ヨーロッパの科学革命』

2010年3月26日(金)21:00~

会場:Loki ACADEMICA
http://loki-academica.com/
____________

お時間の合う方はぜひ。

みずまちでした
スポンサーサイト
  1. 2010/03/05(金) 01:37:28|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<今日のおやつ 3/22 | ホーム | 2月の催し Part2>>

コメント

せいめいの香り

物理的な春が 化学的な春を招いてるみたいです。
いろいろな生命が芽吹くんですね。
ひとの感覚ではまだ冬っぽいですが。
さて当時のヨーロッパでは科学が進展しやすい条件がそろっていたようにおもえますね。
神の美しい摂理を明らかにしようとか 産業で隣国より一歩先んじようという要請があったりとか。
その試行錯誤の実験や仮説の樹立には感心します。
それらには一つ一つに理由があり また積み重ねがあります。そうしたプロセスのなかで素晴らしい発見や発明が花開いたのだと思いますね。
多様なユニークな思考が今の科学につながっているのでしょう。
  1. 2010/03/07(日) 21:16:08 |
  2. URL |
  3. 空  西風 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idobatasciencelab.blog99.fc2.com/tb.php/115-dd49c22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。